コーチは教えてくれないスポーツの上達方法

20年以上の水泳経験からスポーツ、ダイエットの専門的なノウハウをお伝えします

水泳のカロリー消費が大きいと言われるのは何故だろうか?

f:id:swimmertomomaru:20191018195641p:image

水泳ってカロリー消費が多いって本当?

そんな疑問にお答えしよう!

 

こんにちは!ともまるです!

今回は水泳がカロリー消費が大きいと言われる理由についての記事を書いていきます。

一般的にダイエットをするには運動をしろと言われます。特に水泳がカロリー消費が大きいぞと言われますが皆さんはこの理由をご存知でしょうか?

また、どうすれば更にカロリーを消費出来るのか知りたくはありませんか?

この記事を最後まで読んでもらえれば、水泳のカロリー消費が高い理由とそれの効果的な高め方がわかると思います!

水泳のカロリー消費が大きい理由

さて本題です。

水泳のカロリー消費が大きい理由はズバリ、

 

・不慣れであるから

 

です。この一点につきます。

なんやねんそれ

とツッコミを入れたくなると思いますが、これが1番大きいのです。

 

皆さんが生きているのは基本的に陸上です。

水に浸かるのなんて日常ではお風呂くらいだと思います。

 

そんな生活をしている皆さんが全身運動である水泳をしてみたらどうでしょうか?

ただでさえ全身を使ったスポーツであるのに、不慣れな場所で運動をするというのは肉体的に大きなエネルギーを消費します。

更に言えば不慣れな場合、身体に余計な力が入るため脈の上がり方が早くなります。

 

この2点を考えてみるとカロリー消費が大きい気がしませんか?

だから、水泳はカロリー消費が大きいと言われます。

 

ちなみに、水泳に慣れてしまった人は、一般的に言われているカロリー消費量より少なくなります。無駄な力が抜けてスムーズに泳げてしまう方はその対象になってしまいます。うさ

水泳のカロリー消費の高め方

さて、水泳でのカロリー消費はどの様にしたら高まるのでしょうか。

必要なことは

・高い脈拍を維持する

・バタ足を多めにする(足を多めに動かす)

この2つです。

1つずつ説明していきます。

高い脈拍を維持する

一般的に痩せる原理として、10秒間に22〜25回程度の脈拍を打つ運動強度を維持することで、その運動を行うのに必要なエネルギーとして脂肪が使用されることによって痩せていきます。

脂肪が燃焼され始めるには一般的に20〜30分程度の時間を要します。

 

つまり、30分以上10秒間に22〜25回位の脈拍を維持して泳ぐと効果的にカロリー消費が出来ます。

補足説明として、脈拍22はジョギング程度の運動強度だと思ってもらえれば大丈夫です。

25mや50m毎に少し休んでも大丈夫なので、続けられる範囲で休みながら続けてみてください!

バタ足を多めにする

身体の中で1番大きな筋肉はどこかご存知ですか?

答えは太ももです。

一般的に大きな筋肉を使う程エネルギーを消費すると言われています。

なので、意識的にバタ足をして足を動かす事によってカロリー消費を高めることが出来ます!

 

注意点として、膝が曲がらない様にしましょう。モモの付け根から足を動かすのがコツです!いい動画があるので、キックの打ち方の参考にしてみてください!

 

ちなみに、2番目に大きい筋肉は背筋です。クロールを泳げば、身体の中で1番と2番目に大きい筋肉を同時に使えるので一石二鳥であります笑

水泳のカロリー消費まとめ

・カロリー消費が大きいのは水泳に不慣れであるから

・高い脈拍の維持と意識的にバタ足を打つ事でカロリー消費量が増加する

 

いかがだったでしょうか?

水泳のカロリー消費が大きい理由がわかってもらえたと思います!

ダイエットには水泳がオススメなので、是非参考にしてみてください!

以上、ともまるでした。